ママほぐについて

ママほぐの紹介

産後に孤独な“孤育て”を経験し、その経験から『お母さんの居場所』を作る必要性を感じ、2017 年ママほぐが設立されました。
現在、ママほぐは
①居場所を目的とした『ママほぐーリラクゼーションとモノづくりー』
②産後ケアを目的とした『ママほぐー産後カフェー』
③子育て中のお母さんのための学びを目的とした『ママほぐ講座』
これら3つの事業を行っています。
そして、茅ヶ崎市民活動げんき基金の採択をうけ、『茅ヶ崎市の産後のお母さんのためのポータル サイト』をスタートします。
ママほぐは、その活動を通して子育てママの居場所や、地域の方の笑顔を目指しています。

髙村 えり子、古知屋 千恵子、赤池 亜希子、中村 麻紀

活動年表

2017年 7月ママほぐ設立「HACO16 Gallery & Space」にてリラクゼーションイベント開催
2018年 2月「まちづくりスポット茅ヶ崎」にて、「ママほぐ~リラクゼーションとモノづくり~」イベントを毎月第一水曜日開催スタート
8月KEEP LEFT PROJECT」さんの自転車へ張りつけるキープレフトプレート作りをママほぐにて開催
2019年 4月GENKIプロジェクト」さんの子供服のユリース会をママほぐにて開催
11月「ないろファクトリー」さん&「まちづくりスポット茅ヶ崎」さんとコラボのチャリティードリンクをスタート『子ども未来応援基金』へ 以降、毎月開催
12月「産後カフェ」毎月第3水曜日開催スタート(現在は毎月第3金曜日開催)
2020年 4月新型コロナウイルス感染症によりイベント自粛の為インスタグラムにて「ママほぐオンライン」開催
7月「ママほぐ講座」開催スタート
2021年 6月第一回「茅ヶ崎市環境事業センター」さんのリサイクル家具の展示をママほぐにて開催(第二回7月開催)
9月「茅ヶ崎市の産後のお母さんのためのポータルサイト」スタート

取材履歴/ニュースリリース

2019年3月<特定非営利法人 まちづくりスポット茅ヶ崎>
「トークセッション!シカケニンたちのつどいvol.1」
 2019年3月22日登壇
4月<mamamoana> 2019年4月1日掲載
8月<タウンニュース> 2019年8月30日号
<茅ヶ崎市>#ちがすき 2019年冬取材
2020年1月<タウンニュース> 2020年1月10日号
2月<NPO法人湘南スタイル>TAKURAMI (1)
<NPO法人湘南スタイル>TAKURAMI (2)
3月<NPO法人湘南スタイル>100CLUB
7月<タウンニュース> 2020年7月10日号
10月<茅ヶ崎市> 子育て世代の転入促進プロモーション
茅ヶ崎Lifeオンラインセミナー 2020/10/6登壇
2021年6月<タウンニュース> 2021年6月11日号
8月<ラジオ日本>
SWEETS!!★女神の選択★2021/8/30〜9/2 放送
10月<タウンニュース> 2021年10月15日号
<タウンニュース> 2021年10月15日号人物風土記
12月<ぽかぽか保育園機能強化プロジェクト>地域で子育て! 〜地域が子どもを育て、子どもが地域を育てる〜2021/12/8登壇
2022年1月<茅ヶ崎市>広報ちがさき一月一日号「市民の活動だより」掲載
2月<NPOサポートちがさき>地域の居場所づくり交流会Ⅵ@茅ヶ崎2022/2/26登壇

子育て情報に関するアンケート調査

出産から産後6ヶ月までの子育ての実態調査 (2020年10月調査)
詳しくはこちらから→
0~6歳児子育て情報に関するアンケート ーどのようなツールと情報が必要とされているかー (2021年7月調査)
詳しくはこちらから→
緊急避妊薬のアクセスについて(2021年11月6日発行)
詳しくはこちらから→

代表

髙村 えり子

Eriko Takamura

一般社団法人日本産後ケア協会 産後ケアリスト 一級
日本リラクゼーション業協会 一級セラピスト

孤育てしない、させない、 安心して子育てができるまちへ。

Profile Picture

メンバー

古知屋 千恵子

Chieko Kochiya

保育士

いつでも身近にある温かい場所でありたいです。

Profile Picture

赤池 亜希子

Akiko Akaike

ふれあい補助員
保育士
茅ヶ崎市ファミリーサポートセンター会員(両方会員)

5人子育ての経験と学びからママたちの育児のお手伝いを。

Profile Picture

中村 麻紀

Maki Nakamura

看護師
保健師
保育士
茅ヶ崎市ファミリーサポートセンター会員(両方会員)

子育て真っ最中! みんなの笑顔が大好きです。

Profile Picture